肥満治療って効果あるの どんなことをするの

病院で受ける肥満治療ってどういうもの

軽肥満の場合、病院では運動と食事療法を説明し、気を付けるようにアドバイスをする程度です。軽肥満は生活習慣を改善するだけで何とかなりものだから。ですが、そこから症状が進んでしまって肥満になった場合、その症状に応じて食欲抑制剤や血流をよくする薬が処方されます。運動については、医師によって説明の仕方がさまざまで、口頭で説明する場合が多いようです。リハビリ室があるところでは、理学療法士が丁寧に指導してくれる場合もあります。ですが、やはり自己管理が大切。運動と食事で、改善できるところは改善していきましょう。

運動に大敵の病気は要注意

心臓病や難病など、運動にドクターストップがかかる場合があります。病気だけではありません。関節の劣化による傷みやケガなど、運動することで悪化することがあるので要注意です。医師の指示に従いながら、症状が落ち着くまで食事制限に徹しましょう。もしも無理な運動をしてしまうと、心臓病や難病の場合は命にかかわる重篤な問題にもなりかねません。また、食事制限で体の状態が良くなり、軽度の運動を許可してもらえることもよくあるので、無理なく続けていきましょう。

食事療法「BOOCS」は「一日一快食」ダイエット

脳科学を利用した「BOOKS」という食事療法をご存知ですか。これは、九州大学名誉教授・藤野武彦氏が、「脳疲労」の研究を肥満治療に応用したものです。1日に1回だけ「快食」し、好きなものを好きなだけ食べるというもの。快食は朝・昼・夜のどの食事でもいいのですが、夜を快食とする人が多いです。何を食べてもいいですが、快食には一つだけ条件があります。それは「よく噛む」ということ。飲み込むように勢いよく好きなだけ食べてしまうと急激に血糖値が上昇して危険なので、ゆっくり時間をかけて「よく噛む」ことが大事。他の2食は軽く食べ、カロリーは200~250kcal程度に抑えるんですが、快食を楽しみにすることで慣れてしまうんです。間食したくて我慢したものは、快食の時間に食べることができます。食べたいものを好きなだけ食べることは「禁止することを禁止する」脳科学が基本。続けることで食事量が正常値になっていき、肥満の原因を根本から改善して、心身ともに健康になる食事療法。1ヶ月に1kg、12ヶ月で12kgの減量を目安に進めていく事が理想だそうです。

肥満治療は溜まった脂肪を手術や投薬で除去する行為を指しますが、過食や運動不足などの原因を放置するとすぐに肥満の状態に戻ってしまいます。治療だけではなく、生活の中で問題を解消することが大切です。

糸を使うなら、安全性が高くて合併症の心配がない方がいい

糸を入れると若くなる?

糸を入れてリフトアップする方法は、皮膚にダメージを人工的に与えることでその傷を修復するために起こる反応と、異物として糸を認識することで起こる免疫反応を意図的に利用した仕組みです。加齢で衰えてしまったコラーゲンを作り出す力を引き出すことができるので、肌が若返るんです。金の糸や医療用の糸などが使用されていますよね。金の糸も安全性が高いとされるものの、時間がたつごとに断片的になっていくという性質があります。

スプリングスレッドはいい!

スプリングスレッドは、小さな突起のある特殊な糸のことです。よく伸び縮みするので、後遺症が起こりにくいですし、広範囲に使うことができるんですよ。たくさんある突起は、肌に糸が挿入された時に肌組織に引っかかるのですが、この突起が物理的に肌を引っ張り上げてくれるので、肌のたるみをリフトアップすることができるんです!肌質改善効果もあって、糸が侵入した時の免疫反応の結果、コラーゲンとエラスチンの産出力が増加します。

安全で長持ちする糸です

スプリングスレッドで使用されている糸は安全性の高いバイオ素材で作られていますから、合併所のリスクも低めです。医療現場では半世紀近くも使用されているのですが、今まで身体に糸が入ったことで拒絶反応などが起こったという例もないんですよ。溶けない素材なので、一回糸を入れておくことで長い期間リフトアップと肌質改善効果を実感できるのです。表情を作る時にも伸縮性が高いので、表情筋に合わせて伸縮しますから、不自然でひきつったような顔にはならないようになっています。

フォトフェイシャルの施術を進めるにあたり、相性の良いエステティシャンから助言を受けることが大事です。

ダイエットには定石というのがあるのです!

ダイエットとして運動をすること

ダイエットにはやり方がいくつかあります。その一つが運動であり、これは簡単に言えば消費カロリーを抑えることになります。それにどんな意味があるのか、といいますと要するに脂肪を削ることができるようになります。脂肪が燃焼することになりますから、極めて重要な行為であるといえるでしょう。後はどんな運動をするべきなのか、ということが重要になってきますが、まずお勧め出来ることは走ることです。走れば確実に痩せることができるでしょう。

膝を痛めないためには

ダイエットをしようとしているわけですから、多少は太っていることがあるでしょう。そのため、いきなり走ると怖いことがあります。膝を痛めることがあるのです。これはどうしても避けるべきであるといえます。ですから、最初は慣れるまで歩く、というのがよいでしょう。後はプールがあるならば水泳もよいです。別に泳ぐ必要性はないのです。歩くだけでも相当ダイエット効果があります。なんといっても基本的には水圧が身体に負担になるからです。

食事を抑えることについて

ダイエットのもう一つの定石ともいえることが食事を抑えることになります。それがとても重要なことになります。ダイエットにおける摂取カロリーの削減、ということになります。それこそがベストなことであるといえます。消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らす、ということがまさに定石であるといえます。焦ることはないです。いきなり食事の量を減らすということは避けたほうが良いです。あくまでゆっくりと減らしていきましょう。

フェアリーレシピは、健康に良い成分がたっぷりと配合されており、本格的に美容対策を立てるうえで役に立ちます。