妊娠線を作らないために、妊娠クリームを使いましょう。

妊娠線って一体何が原因なの?

妊娠をした時は、まだお腹は大きくなっていません。しかし、妊娠中期ころから少しずつ子宮が大きくなるにつれて、お腹も膨らんできます。また、体重も増えていくので、皮膚が引き伸ばされて、割れ目が出来てしまいます。これが妊娠線と呼ばれているものなのです。皮膚は非妊娠時に比べてコルチコステロイドホルモンの影響でお肌のターンオーバーの働きが抑制され、乾燥しやすくなっていおり、妊婦さんは妊娠線が出来やすい体になってしまっています。

妊娠クリームは妊娠初期から使おう。

お腹が大きくなってきてからケアをするのでは間に合いません。妊娠初期の段階から、妊娠線の出来にくい皮膚にしておくことが大切です。しっかりと保湿やマッサージをしてあげることで、乾燥に強く、弾力のある柔らかい皮膚にしておくようにしましょう。この時に、役に立つのが妊娠クリームです。普通のボディクリームじゃだめなの?と思われる方もいるかもしれません。ボディクリームも保湿をしてくれるアイテムですが、妊娠クリームは特に妊婦さんのために作られているものなので、様々な工夫がされているんですよ。

妊娠クリームはどんなものを選べばいいの?

さっそく妊娠クリームを買おうとお店に行くと、様々な妊娠クリームが販売されていて、「何を選んでいいのかわからない」という方もいますよね。妊娠中は、肌がとても敏感なので低刺激のものを選びましょう。またつわりなどの症状が出てきやすいので、匂いがやさしいものや無香料のものが良いですね。また、高保湿成分が多く含んだものは妊娠線の予防にとても効果があります。出産するまで毎日使うものなので、継続して気兼ねなく使える値段のものを購入しましょう。

妊娠線のクリームを賢く選ぶにあたり、各商品の成分の種類や販売価格の相場に注目をすることが重要となります。