エステにいかなくても綺麗になる、セルフケアの方法

まずは抜くより剃りましょう

脱毛といいますと、市販の脱毛機で抜いたり、ムースタイプからワックスタイプまで様々なものがあります。どれがいいのか悩みますが、一番いい方法が剃ることです。剃るとチクチクして嫌だという人はいますが、お肌の負担が一番かるい方法です。また無理に毛を抜きますと、毛穴の奥で出血を起こしている場合があり、ぶつぶつやヒリヒリなど肌荒れの原因になります。そのため、シェーバーなどを使ってのムダ毛ケアが一番おすすめです。

シェービングのあとはしっかりケアをしましょう

シェービングしたあとのお肌はとてもデリケートです。目に見えない傷や、乾燥などが起こっています。そのため、脱毛したあとは脱毛やシェービング後の専用の化粧品かジェルなどでしっかり保湿ケアをしたり、冷やしたりするのがおすすめです。市販の保湿化粧品でも構いません。そのまま放置しますと、ヒリヒリや発疹などの様々なトラブルの原因になってしまいます。しっかりとそのあと保湿対策やクールダウンを忘れずに行ってください。

生理中はシェービングを避けましょう

生理中のお肌はとてもデリケートで敏感肌になっています。そのため普段は何もトラブルが起こらない人でも、生理中はトラブルを引き起こしやすい環境にあります。なるべく生理中は脱毛やシェービングなど肌に刺激となる行為は避けましょう。シェービングや脱毛を再び行う場合は、生理後でお肌が敏感でないことをしっかりと確認してから行いましょう。その時も必ずシェービングや脱毛したあとは保湿対策をしてください。以上のことをまもり、ツルツル美肌を目指しましょう。

永久脱毛を新宿で行うために、患者へのサポートが行き届いている美容外科の最新の事例を確認することが良いといえます。